~STD情報発信サイト~淋病って知ってる?性病について知識を深めよう!

クラミジアを治すにはジスロマックがオススメ!

手を繋ぐカップル

クラミジアは細菌の一種であるクラミジア・トラコマチスが感染することを原因とする性感染症のひとつになります。治療方法は主に細菌感染に対する増殖抑制効果を持つ抗生物質の投与が中心です。なかでもよくクラミジアの治療方法で採用されているのが、ジスロマックという薬剤になります。これは現在クラミジア治療において第一選択の治療薬として幅広く利用されているのです。

ジスロマックは、アジスロマイシンを有効成分としたマクロライド系抗生物質の先発品です。1回の服用で10日間も効果が持続する特性を活かした効果的な治療が可能で、クラミジア改善率90.7%とされています。クラミジア治療の第一選択薬として知られています。Pfizer(ファイザー)社より製造販売されています。

引用元:ジスロマック – 通販価格:4,380円【正規品36%OFF】|薬の通販オンライン

従来はクラビットが投与されていましたが、1日2~3回服用する必要があり、飲み忘れるなどの事態に遭遇することがありました。ジスロマックは1回の服用だけで治療を完遂させることを可能にしている点で、従来の内服薬に比較すると非常に野心的なコンセプトのもとに開発された治療薬です。一回の服用ですむことを可能にしたのは約10日間にも長きにわたり、効果が長期間持続する点にあります。ところでジスロマックはアジスロマイシンの一種で、幅広い細菌類に増殖抑制効果を発揮するのですが、ジスロマックもアジスロマイシン系の抗生物質として、同じ作用機序で細菌増殖を抑制します。つまり細菌が増殖するにはたんぱく質の合成が必要不可欠ですが、ジスロマックの有効成分には、細菌のたんぱく質の合成を阻害する作用を持っているので最終的には殺菌的に作用するわけです。

ジスロマックの効果の恩恵に浴するためには正しい飲み方を実践する必要があります。とは言っても特に難しいことはなく、飲み方としてはジスロマック1,000mg相当分を水で服用するだけです。臨床試験では、被験者100名あまりに対して90%以上で効果が見られたとされているほどで、非常にすぐれた治療薬と評価されているわけです。しかし注意が必要なのはパートナーも同時に治療しないとならず、そうしないと治癒したと思っても治療を受けていないパートナーから移されてしまって再発を繰り返すのです。慢性的にクラミジア感染を繰り返すと不妊症の原因になりかねないので、しっかり治癒させることは必須と言えます。また、ジスロマックにはジェネリック医薬品のアジーも販売されています。ジェネリック医薬品は先発薬の特許期間が過ぎた後に製造されるもので、有効成分は同じで添加成分に違いが見られる程度です。アジーも内服薬タイプのクラミジアの治療薬で飲み方も、ジスロマックに準じます。もっともアジーは日本国内では承認されていないので、実際に入手するには個人輸入代行サイトを利用して購入することになるでしょう。