~STD情報発信サイト~淋病って知ってる?性病について知識を深めよう!

淋病と同じ細菌性の性感染症クラミジアは感染力が強い!

夕日を見ているカップル

クラミジアは現在の日本において、数ある性感染症の中でも最大の新規患者数を出しています。原因となっている細菌はクラミジア・トラコマチスで、大きく分けると二種類からなります。この名前の起源になっているトラコーマの流行地で眼部の病変部から検出される生物型と、非流行地で検出される血清型にクラミジア・トラコマチスは分けられるわけですが、日本は非トラコーマ流行地のため、血清型が大半を占めます。クラミジアは人工培地では増殖できないほど、外気にも弱いことから窺えるように、性行為やオーラルセックスを介して感染を拡大させてゆくため性感染症の典型といえます。

クラミジアの特徴として、男性と女性とでは症状の出現の仕方に違いが観察されることが指摘されています。男性では尿道炎症状で自覚されるのが多いようです。ただし淋病性の尿道炎よりも潜伏期間が長く2~3週間ほどあります。尿道炎症状の排尿痛や掻痒感・排尿時の違和感などですが、症状の程度はさほど強くはありません。しかしクラミジア・トラコマチスを治療しないまま放置すると、尿道をさかのぼり精巣上皮に達する場合があります。そうなると精巣上体炎を併発することになる羽目になります。精巣上体炎になると強い痛みのあまり歩行困難になることもあります。

これに対して女性では自覚症状が全くない場合も相当数にのぼります。クラミジアが原因で子宮頸管炎などを発症し自覚症状がある場合でも、外陰部の不快感やおりものが少し増える程度に止まることも良くあります。もっとも子宮頸管炎を放置すると、卵管や卵巣などの子宮付属器や腹腔内に炎症が広がり腹膜炎の症状を呈する場合も稀にあります。クラミジア・トラコマチスは男性でも女性でも特徴的な症状があまりないので、いつ感染したのかの記憶を手繰るのが困難な場合もあるとされていますが、細菌としての感染力は強い特徴を持っています。感染力の強さを具体的にしめすものとして、最近増加している咽頭クラミジアを指摘することができます。咽頭クラミジアは、口腔粘膜にクラミジア・トラコマチスが感染することで発症します。つまり性行為にかぎらずオーラルセックスなどでも感染が拡大するリスクがあるわけです。現に風俗産業に従事する女性においてクラミジア患者が多いこともそのあたりの事情を物語っているといえます。実際にもクラミジア感染の自覚がないまま長期間生活している結果、現代の新規患者数の増加トレンドにつながっていると観て良さそうです。