~STD情報発信サイト~淋病って知ってる?性病について知識を深めよう!

自覚症状がほとんど見られないトリコモナスという性感染症の恐怖

トリコモナス症とはトリコモナス原虫によって尿道や膣などに炎症が発生する病気です。性行為を介在して感染するので性行為感染症(STD)の一種です。女性と男性とでは症状の出現の仕方に違いが見られるのが特徴です。トリコモナス原虫が女性の膣に寄生した場合は、膣トリコモナス症と呼ばれます。淋病などと同様に女性がトリコモナスに寄生されても無症状のまま経過する場合が珍しくありません。しかし無自覚のままでも確実にトリコモナス原虫が増殖を続けるので、重症化するリスクは自覚症状があるときと同じです。逆に女性で自覚症状を伴う場合、外陰部の強いかゆみや灼熱感、黄緑食の悪臭を放つおりものの増加や血の混じったおりもの、性交時痛や尿道炎を併発しているときは排尿時痛などが典型的なものです。自覚症状のなかでもおりものには特徴があり、悪臭と泡沫を伴っています。対照的に男性の場合は無症状の場合も多く、せいぜい排尿時の軽い痛みや膿のような分泌物が出る程度です。ところで膣トリコモナスは成長のために大量のグリコーゲン(糖分)とアルカリ性の環境を好みます。成人女性の膣内にはグリコーゲンが豊富ですが常在菌のおかげで弱酸性に保たれているのです。したがって膣内の環境がアルカリ性に傾く妊娠時や月経時に発症しやすいとされています。

トリコモナス原虫には治療薬があります。トリコモナス症の治療薬はフラジールという内服薬になります。フラジールは有効成分にメトロニダゾールを配合していますが、原虫内に取り込まれると細胞毒性を発揮するニトロソ化合物に変化し、抗原虫作用を示します。フラジールは1日2回に分けて2錠を10日間服用することで、治療期間は満了し体内からトリコモナス原虫を根絶することが出来ます。しかし女性が膣トリコモナス症を治癒しても、無症状の男性からのピンポン感染による再発のリスクがあります。ピンポン感染による再発を防止するためにも、パートナーが同時にトリコモナス症の治療に取り組む必要があります。また、再発防止の観点からは、公衆浴場やスポーツジムでは注意を払うべきと言えます。トリコモナス原虫は水分さえ確保された環境では暫くの間生存することが出来るので、感染者の使用したタオルを使用したり、汗が性器などに接触すると再感染のリスクが否定できません。性行為とは無縁の年少者や高齢者でも比較的、膣トリコモナス症がみられることからも性行為以外の感染経路もそれなりに注意するのが賢明です。